駐車場9台分完備

神奈川県横浜市緑区霧が丘4-13-1

診療時間
9:00~12:00/15:00~18:30
土曜診療
9:00~14:00
休診日
木曜、土曜午後、日曜・祝日
診療時間
9:00~12:00/15:00~18:30
土曜診療
9:00~14:00
休診日
木曜、土曜午後、日曜・祝日

外反母趾

外反母趾

外反母趾の一番の原因は靴を履くことで、幅の狭いつま先が細くなった靴を履くと母指の付け根から先が圧迫されて変形します。
ヒールの高い靴は付け根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。
特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、
付け根の関節の内側の突き出したところが痛みます。その突出部が靴に当たって炎症を起こして、
ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。
靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、最近は日本でも急速に増えています。

【治療法について】
治療については、大きく分けて「保存療法」、「外科的療法」の2種類があります。
保存療法につきましては、足の指の体操、装具療法となります。
軽度やお子様の場合は保存療法によって改善が期待できます。また、中度以上の症状の場合でも痛みが軽減されます。
保存療法でも痛みが改善しない場合は外科的療法(手術)を行います。
足の親指の付け根にある中足骨(ちゅうそくこつ)という骨を切る手術を行います。骨の切り方は患者さんによって様々です。

【予防・改善のために】
外反母趾の主な原因については、靴のサイズ、デザインの見直しが挙げられ、普段履く靴も縦横のサイズの合った正しい靴を選ぶことが大切です。
生活習慣の見直しや足に気を配りながら体操などを行っていただくことも予防につながります。
また裸足で歩くことや、下駄やサンダルなどの鼻緒のついた履物を履くこと、さらにタオルやゴムひもを用いた運動を行うことなども足の筋力を鍛える効果があり有効です。

かたの整形外科クリニック

診療科目 整形外科・リハビリテーション科・内科
院長名 片野 素昭
所在地 〒226-0016  神奈川県横浜市緑区霧が丘4-13-1
TEL 045-924-0560
アクセス 駐車場9台分完備
診療時間 日・祝
09:00~12:00
15:00~18:30

9:00~14:00

休診日:木曜・日曜・祝日