駐車場9台分完備

神奈川県横浜市緑区霧が丘4-13-1

診療時間
9:00~12:00/15:00~18:30
土曜診療
9:00~14:00
休診日
木曜、土曜午後、日曜・祝日
診療時間
9:00~12:00/15:00~18:30
土曜診療
9:00~14:00
休診日
木曜、土曜午後、日曜・祝日

足関節靭帯損傷

足関節靭帯損傷

足関節外側靭帯は、足関節の外くるぶしの下端についている3つの靭帯です。
前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯です。
スポーツの最中、段差を踏みはずした際に足を内側にひねって受傷します。
スポーツ外傷の中では最も頻度の高いケガです。最も損傷頻度が高いのが前距腓靭帯です。
次いで踵腓靭帯で後距腓靭帯を損傷することは稀です。損傷の程度によって3段階に分けて治療方法が決められます。完全断裂では、外くるぶしが腫れ、血腫(出血した血液が溜まります)が溜まります。痛みのためにまともに歩くことができません。

【治療法について】
基本的には装具(主にギブス)を使用し保存療法によって治療を行います。
ですが、何度も捻挫を繰り返し、日常生活や運動の制限が著しい場合には、
手術による靭帯の再建を行うこともあります。
治療法は、以下の5通りです。

【予防・改善のために】
足関節靭帯損傷は、バレーボールやバスケットボールといった競技で特に多く発生します。
運動を行う前に準備運動としてジャンプ動作やサイドステップなどを行い、足関節周囲の筋の活動性を高めておく為にも、日ごろからのストレッチが足関節靭帯損傷を予防するためには非常に大切です。

かたの整形外科クリニック

診療科目 整形外科・リハビリテーション科・内科
院長名 片野 素昭
所在地 〒226-0016  神奈川県横浜市緑区霧が丘4-13-1
TEL 045-924-0560
アクセス 駐車場9台分完備
診療時間 日・祝
09:00~12:00
15:00~18:30

9:00~14:00

休診日:木曜・日曜・祝日