駐車場9台分完備

神奈川県横浜市緑区霧が丘4-13-1

診療時間
9:00~12:00/15:00~18:30
土曜診療
9:00~14:00
休診日
木曜、土曜午後、日曜・祝日
診療時間
9:00~12:00/15:00~18:30
土曜診療
9:00~14:00
休診日
木曜、土曜午後、日曜・祝日

肩腱板損傷

肩腱板損傷

40歳以上の男性(男62%、女38%)、右肩に好発します。発症年齢のピークは60代です。
肩の運動障害・運動痛・夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠がとれないことが受診する一番の理由です。運動痛はありますが、多くの患者さんは肩の挙上は可能です。五十肩と違うところは、拘縮、すなわち関節の動きが固くなることが少ないことです。
他には、挙上するときに力が入らない、挙上するときに肩の前上面でジョリジョリという軋轢音がするという訴えもあります。

【治療法について】
腱板が徐々に擦り減って切れた場合は、切れていない腱が代わりに働くようになったりしてあまり痛みを感じない場合もあります。
このような場合は手術を行わず、注射、投薬、リハビリ訓練などで疼痛の改善を図れる場合があります。
ですが、肩腱板損傷の保存治療に対して、手術を行うという治療方法もあります。腱板断裂部分を直接、もとあった骨に縫い付けてしまうという手術です。期待が若干薄い自然治癒以外では、腱板断裂を根本的に治す唯一の方法と言えるかもしれません。
治療法は、以下の4通りです。

【予防・改善のために】
運動などで肩を頻繁に使う事が多い方は、必ず準備運動や日常生活にストレッチ運動を取り入れる、痛みを感じたら休みを多く取る事が大切です。
また、高齢の方は筋力が落ちやすいので、日常生活に短い時間でも構いませんので肩の運動を取り入れて頂ければと思います。

かたの整形外科クリニック

診療科目 整形外科・リハビリテーション科・内科
院長名 片野 素昭
所在地 〒226-0016  神奈川県横浜市緑区霧が丘4-13-1
TEL 045-924-0560
アクセス 駐車場9台分完備
診療時間 日・祝
09:00~12:00
15:00~18:30

9:00~14:00

休診日:木曜・日曜・祝日