スポーツによるけが|かたの整形外科クリニック 横浜市緑区霧が丘 十日市場 長津田 中山

スポーツ整形外科

スポーツで負ったけがについて

スポーツでは、さまざまな種類のけが(外傷)が発生します。
使い過ぎ症候群ともいわれる“スポーツ障害”と、大きな外力によるけがである“スポーツ外傷”があり、競技の特性やその後の競技生活なども視野に入れた治療が必要となって参ります。
スポーツで負ったけがの治療は、一般の整形外科の治療とは少々異なる部分があり特殊なため、けが(外傷)に対し早期に適切な処置を行わなかった場合、障害へつながってしまうこともあります。

複雑な要素を十分に考慮した治療を行います

スポーツ外傷・障害に対して、筋力強化、ストレッチ、運動動作指導など適正な運動療法により、治療および障害の再発予防にあたります。
またより高度な検査、治療を要する場合は必要に応じて連携医療機関スポーツ整形外科と連絡を密にして、けがからの早期復帰および今後の予防に重点を置き、治療を行っていきます。スポーツや部活動でけがをなさったような時には、お気軽にご相談ください。

主なスポーツ外傷:スポーツ中に生じた外力による組織の損傷

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ
など

主なスポーツ障害:同じ動作の繰り返し(使い過ぎ)によって起こる障害

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • テニスレッグ
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折
など