診療内容|かたの整形外科クリニック 横浜市緑区霧が丘 十日市場 長津田 中山

診療内容

整形外科

整形外科では、骨・関節・筋肉などの運動器系を主に診療しています。
骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛など、日頃よく起こる体の痛みや違和感などを扱います。

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、病気や障害、加齢による機能障害について、運動療法や理学療法(物理療法)によって機能の回復・改善を図り、日常生活や社会生活への早期復帰を目指します。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、老化などが原因となって、骨の量が減少し、鬆(す)が入ったようにスカスカになり、もろくなって骨折リスクが高くなってしまう疾患です。

ロコモティブシンドローム

運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態をロコモティブシンドロームと言います。
筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に障害が起こり、歩行や日常生活になんらかの障害をきたしている状態です。

スポーツによるけが

スポーツでは、さまざまな種類のけが(外傷)が発生します。 使い過ぎ症候群ともいわれる“スポーツ障害”と、大きな外力によるけがである“スポーツ外傷”があり、競技の特性やその後の競技生活なども視野に入れた治療が必要となって参ります。

交通事故治療

交通事故に遭われたときに、意識を失ったり、大きな負傷をしたときは、救急車で搬送されたり、クリニックに行くことはもちろんですが、自覚症状がみられない場合もクリニックで受診することが大切です。

リウマチ科

リウマチ(関節リウマチ)は、本来なら外敵を攻撃するはずの免疫が自分の体を攻撃し(自己免疫)、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。最新のリウマチの治療では、リウマチの活動性をみながら、寛解を目標に治療します。

各種注射

当院では、自由診療にて、「にんにく注射」および「プラセンタ注射」をそれぞれ行っております。