交通事故治療・むち打ち治療|横浜市緑区霧が丘|かたの整形外科クリニック|十日市場 長津田 中山

交通事故治療

交通事故に遭ったら、すぐにクリニックへ

交通事故に遭われたときに意識を失ったり、大きな負傷をしたときは救急車で病院へ搬送されます。軽症の時にクリニックへ行くことはもちろんですが、自覚症状がみられない場合も早めにクリニックを受診することが大切です。
なぜなら事故直後は、興奮状態に陥りアドレナリンが分泌するため、あまり強い痛みを感じず、後々痛みが表れた、実は骨にヒビが入っていたなどということはよくあることです。
また頭や背中を強打したものの、目立った外傷はみられないため、普段通りの生活を送っていたところ、突然倒れて病院へ搬送されるということもあります。

なお、むち打ち症は事故直後から痛みを感じたり、事故から時間が経ってから痛みが現れることもあります。 症状が現れるまで時間が経ってしまった場合は、交通事故の保険(自賠責保険や自動車任意保険等)が適用されなかったりすることもあります。

そのため前述のように交通事故後すぐに自覚症状がみられない場合でもクリニックを受診することが大切なのです。

むち打ち症について

むち打ち症は交通事故でよく知られている怪我で、正式名称は「頸椎捻挫」または「外傷性頚部症候群」といいます。
むち打ち症と呼ばれるだけに、首を鞭のようにしならせることで起こる負傷となります。
症状は首の痛みだけでなく、肩こりや吐き気、めまい、耳鳴り、首の可動域に制限が表れることがあります。症状が現れるまで時間がかかることがよくあり、最初は自覚症状を感じないこともしばしばです。

交通事故後によくみられる症状

  • 首や腰の痛み
  • 頭痛、めまい、吐き気
  • 耳鳴り
  • 脱力感
  • コリ
  • 手足の痺れや、だるさ
  • 消化器系統の機能低下・食欲不振    等

上記のような症状がみられなくても交通事故に遭われた際は、必ず診察を受けるようにしましょう。

交通事故治療でよくある質問

Q. 交通事故治療を開始するために何か特別な手続きは必要ですか?
特別な手続きをせずに、すぐに治療が可能ですが、自賠責保険や任意保険を適用する場合は、交通事故時に警察に届けを出し、事故証明書を取得する必要があります。通院前もしくは通院後に保険会社に連絡し、当院で治療を受ける旨をご連絡ください。
Q. 転院はできますか?
保険会社に連絡することで転院が可能です。
Q. 交通事故治療は、整骨院(接骨院)と整形外科どっちに行くべきですか?
先ず、整骨院(接骨院)と整形外科の違いですが、整骨院(接骨院)は、柔道整復師と呼ばれる国家資格を持つ方が施術します。
症状を聞いた後に、鍼、マッサージなどの徒手療法や牽引・光線療法などを行うのが一般的です。
レントゲン機器などの検査機器が無く、明確な原因をつきとめることが大切な交通事故治療にはやや向いていません。また、出血などの治療はできません。
整形外科では、整形外科医師の指示のもと、レントゲンなどの検査機器を使用した原因追及が可能であるとともに、徒手療法や牽引・電気療法にあわせて、湿布の処方や痛み止めの注射による治療などが可能です。また後遺症が残った場合には、後遺症診断書などの診断書を受け取ることができます。
Q. 自賠責保険とはなんですか?
自動車やバイクを運転する人が車検時に入ることが義務付けられた保険です。交通事故被害者を救済することが目的の保険となっているため、対人賠償のみに限られており、物損賠償は対象外となっています。そのため自賠責保険の対象外をカバーするために、任意保険(一般的な自動車保険)に加入されるドライバーが多くいます。